エストロゲンサプリメントについて

 

今、エストロゲンサプリが注目を集めています。エストロゲンは妊娠時期に大切な働きをしてくれる成分ですが、食事メニューを考えてエストロゲンだけ増やすというのは現実的ではありません。そこでサプリメントが登場するのですが、エストロゲンそのものをサプリメントで補給することはできません。ここではエストロゲンのように働く成分、エストロゲンに作用する成分をお伝えし、ランキング形式でサプリメントをご紹介していきます。

 

プエラリア

プエラリアに含まれているミロエステロールはエストロゲンと同じような働きをしますが、ミロエステロールはイソフラボンの上位成分とも言われています。

 

大豆イソフラボン

体内へ入るとエストロゲンに似た働きをする植物性エストロゲンの一種。強い抗酸化作用があり老化防止、アンチエイジング効果も期待できます。

 

マカ

マカはミネラルやビタミンを多く含み、身体の中で幅広く活躍してくれます。ホルモンバランスを整える働きがあり、冷え性や不妊症の改善、美容効果やアンチエイジング効果などを期待できます。

 

ザクロ種子エキス

ザクロ種子にはエストロゲンに似た働きをする成分が含まれています。大豆イソフラボンほどの効果はありませんが、女性の健康と美容面を総合的にサポートしてくれます。

 

 

エストロゲンサプリの副作用

 

エストロゲンサプリメントを摂取したからといって必ずしも体調が良くなるわけではありません。身体の中のエストロゲンはプロゲステロンとのバランスで成り立っています。一定の周期で交互に増減を繰り返して女性の体調に影響を与えています。ですから、エストロゲンサプリを摂りすぎると両者のバランスが崩れてしまい、PMSや生理痛などの不具合を起こしてしまう可能性もあるのです。

 

エストロゲンのような働きをしてくれる大豆イソフラボンは、過剰摂取により子宮内膜症にかかるリスクが高くなることが分かっています。一日あたりの大豆イソフラボンの摂取量の目安は70mgから75mgまで。この上限量を守って適量を摂取するようにしてくださいね。

 

エストロゲンは妊娠期の女性の身体をサポートしれくれる大切な成分。妊娠や出産をするための身体作りをしてくれるものなので、食品とサプリメントの両方で補っていくのはとても有効な方法となります。過剰摂取にはくれぐれも気をつけ、自分なりの体調管理法を見つけ出してください。

 

 

メニュー
TOP エストロゲンサプリの摂取と分泌を整える成分 ピュアプエラリアは美容サプリ エストロゲン過剰分泌の症状と対策